風俗の求人にある自由出勤制とはどういうもの?週1でも大丈夫?

風俗にある求人の中には、自由出勤制を採用しているところもあります。
しかし、初めて業界で働く方は、自由出勤と言われてもどういうものかわからないはずです。
そこで、今回は自由出勤制について解説します。

自由出勤制とはどういうものなの?

普通のアルバイトなどであれば、1ヶ月のシフトや半月のシフトを考えて、それをもとに従業員が働くようになっています。
しかし、風俗ではそういうシフトの決め方はしておらず、自由出勤となっています。
これを自由出勤制と言います。
例えば、自分が働ける日を指定し、その日だけ働くということが可能なのです。
具体的に「週に2日は働ける」という場合、「水曜日と金曜日だけ働こう」ということが可能です。
そうやって自分で決められるからこそ、風俗はより働きやすくなっていると言われています。

activist_00485485

週1でも大丈夫なの?

基本的に風俗のシフトでは、何日働くのかについて決まっているということはありません。
週1でも全然大丈夫です。
風俗で働く方の中には、平日は昼間の仕事を持っているという方も多く、土日だけ風俗の仕事をしたいという方も多いです。
そういう時、単純計算でシフトは週1~2となります。
一見すると少なく見えますが、ちょっとした現金稼ぎには使えますし、何よりそれだけで十分な収入にもなる訳です。
ただ、店によっては「月最低5日は働いてほしい」など、条件を決めているところもあります。
そういう店で働く時は、その条件に合うようにシフトを考えていくことが必要となるでしょう。
その点も含めて、しっかりと考えてみると効率的に働くことが可能です。
もちろん、自分のペースを乱すことはないので、比較的自由に働くことができます。

多く出勤できる人にメリットがある

自由出勤の良さは、多く働けば働くほどメリットが大きいという点にあります。
自由出勤ということは、出勤する日を少なくすることも可能ですが、逆に言えば毎日のように働ける方にとってもメリットがある制度だと言えます。
また、店としても全然働いてくれない女性より、店に大きく貢献してくれている女性の待遇を良くすることを進めています。
つまり、出勤できない女性に対してペナルティを課すのではなく、良く働いてくれる女性にボーナスを提供するという感じの制度なのです。

風俗嬢は自由に働けるのは特徴ですが、店としては沢山働いてくれる女性を求めているのも事実です。
無理をする必要はありませんが、どうせ働くなら一気に稼ぐというのも良いのではないでしょうか。